川崎 東海道から発展した風俗街

都内で有名な風俗スポットといえば、台東区の吉原が人気だが、こういった風俗街は前身が遊郭とかの花街から発展したものが多い。吉原はその代表格で、店までのアクセスが不便にも係わらず、送迎サービスを使ってでも利用する客が多く、根強い人気を保っているという話である。最近の風俗街の特徴は、デリヘル、ソープ、ホテヘル、性感マッサージ、性感エステなどその日の気分と予算で楽しむことができる点でとても便利なのである。好きなやつは、都内にある全ての風俗街を制覇してるし、まあ、金さえあれば大概の欲求は満たしてくれるから有難い話ではないか。

本題の川崎になるが、この界隈で有名なのが堀之内である。関東では吉原に次ぐ規模の大きさで、歴史的にも江戸時代まで遡るから半端ない。昔の娼婦は、飯盛女(私娼)という名目で東海道沿い宿場町の旅籠で奉公していた。戦後は、青線地帯、青線区域として春が売られたりしたが、法改正後、現在のような風俗街へと変貌していく。川崎市内には、南町といったスポットもあるが堀の内に比べて規模も小さく、戦後の売春防止法が施行されたことにより、南町の売春宿はかなりのダメージを受け壊滅寸前にまで追い込まれた。その後、風俗営業等取締法が改正されたことにより、風俗の街として息を吹き返すことになり、現在に至る。